SM官能小説(妄想話)

最終更新日:11月2日
次回更新日:11月12日

新着記事15件

2010/08/09(月) 11:06 暑中お見舞い申し上げます

猛暑の日々が続いていますが、 みなさん如何おすごしでしょうか? 物語の途中でまったく更新ができない状況です。 仕事的に業務量が増え、出張も多く まったく創作時間が得られません。 申し訳ございません。 読者のみなさんには多くのメールに 更新を期待する内容と共
記事の続き...


2010/06/23(水) 13:50 玩弄 ~膣調教そして 肛虐の記録~ 8

呼び出しの電話から約30分で 会社に到着した。 行き先は社長室 そのドアを開くと 浅沼が、すでに全裸の状態で 応接ソファに座り、 勃起したペニスを握り締めていた。 「遅いぞ…綾子…この俺に、 センズリで射精させるつもりか…?」 眼光が血走ってい
記事の続き...


2010/06/01(火) 18:30 玩弄 ~膣調教そして 肛虐の記録~ 7

どうしても… 秀行の股間を覗き見る。 (勃ってる…あんなに…) 浅沼の性調教で「生殺し」にされ 極限までに剥き出された性感と アクメへの渇望で 奈美は狂いそうだった。 そして、秀行は… 抜群のプロポーションを 露出度もたかく 悩殺的なファッショ
記事の続き...


2010/05/27(木) 10:12 玩弄 ~膣調教そして 肛虐の記録~ 6

そのまま地上まで下り 携帯電話を取り出した。 「もしもし…浅沼です。 綾子さんは帰宅していますか?」 言いながら、浅沼は 指に付着している 奈美の性器臭を嗅いだ (ペニスが…) 疼く 「急ぎの経理処理があるんですが、 家内が事情で動けないの
記事の続き...


2010/05/19(水) 21:19 玩弄 ~膣調教そして 肛虐の記録~ 5

最初は美智子からの電話だった。 「妹が機械音痴でね…」 購入したDVDデッキの取り付けができないという。 (女性の独り暮らしはそんなものか…) 若い秀行に不信を抱く理由がない 次に浅沼から電話があり、その取り付けを正式に依頼された。 「家族の私用ですまん
記事の続き...


2010/02/05(金) 18:13 玩弄 ~膣調教そして 肛虐の記録~ 4

地獄は綾子だけではなかった… あれから… そう、浅沼が綾子を性奴にしてから 美智子は嬲られていない。 底なしの絶倫に 凶暴なペニス…そして 熟達の性技によって 10数年間も調教し尽くされた肉体は 炎のように湧き上がる欲情で 疼き狂っている 子宮
記事の続き...


2010/02/01(月) 14:24 玩弄 ~膣調教そして 肛虐の記録~ 3

「まずは、事務系の資格、 そして、図面理解からはじめて、建築系の資格も取得させる これからは、女も働く時代 ましてや、綾子ちゃんには、素質がある」 そんな陳腐な言葉でも 地元の名士で実績もある浅沼が言えば 重みを持って受け入れられる。 だから 「
記事の続き...


2010/01/28(木) 19:41 玩弄 ~膣調教そして 肛虐の記録~ 2

江川奈美、29歳 看護婦で独身 現在は浅沼に用意されたマンションで一人暮らし 夜勤と日勤を繰り返しながら病院の激務をこなしている。 姉に似て、美人でプロポーションも抜群である。 素行不良な患者からのセクハラは日常茶飯事で 医師からの淫らな誘いもあるが
記事の続き...


2010/01/21(木) 19:47 玩弄 ~膣調教そして 肛虐の記録~

何かが… 変わった。 秀行にはそれが分からない…。 この2週間で綾子と会うのは3度目だった。 1度目で、雰囲気の違いに気が付いた。 2度目でその意味を理解しようと 化粧や服装をさりげなくチェックしたが 目に見える部分での変化はなく ただ…綾子が
記事の続き...


2010/01/04(月) 18:10 新年

あけまして おめでとうございます。 新年から寒い日が続いてますが いかがお過ごしでしょうか? 昨年は、途切れがちな連載にも お付き合い頂きありがとうございました。 今年もどうぞ よろしくお願いいたします。 PS いまさらですがmixiをはじめました。
記事の続き...


2009/12/08(火) 22:51 おひさしぶりです^^;

寒い日が続いてますが、 読者のみなさんは元気でしょうか? 途切れがちな物語でしたが なんとか序章を書き終えました 忙しい中、年内を目標にしていたので なんとか「達成」です^0^ ここから 市井綾子への本格調教に移りたいと思います! どんな性責で嬲ろ
記事の続き...


2009/12/08(火) 22:24 玩弄 ~精液便所と呼ばれた少女~ 42

激しい性交を浴び続け… 凄まじいアクメに焼かれた身体は 疲労で重く 魂の奥底まで刻み付けられたペニスの記憶と その呪縛から、睡眠すら満足に得られなかった。 休もうと思えば休めた… しかし、何故か 宿命のような義務感に似た感覚で 会社へ…否、浅沼に
記事の続き...


2009/11/27(金) 11:30 玩弄 ~精液便所と呼ばれた少女~ 41

そして… 綾子は、そのまま犯された。 幼い可憐な性器に 性獣の醜く…卑猥で 恐ろしく巨大なペニスを刺し込まれた… 膣壁に噛み付く… 鋭利なカリ首が 激しいピストン運動で 少女の未熟な生殖器を 掻き毟る… 膣孔を極限まで拡げて 必
記事の続き...


2009/11/25(水) 20:46 玩弄 ~精液便所と呼ばれた少女~ 40

口淫で精液を飲まされた後、 綾子は浴室に連れて行かれた… 大きな浴槽に湯を張り 美智子は浅沼の入室を正座で待っていた。 「ご主人様…お風呂の用意ができております」 全裸のまま、三つ指をつき 額を浴室のタイルに擦りつける。 「綾子…よく見ておけ
記事の続き...


2009/11/17(火) 10:19 玩弄 ~精液便所と呼ばれた少女~ 39

「起きろ…綾子」 その声だけで 綾子の眠りが解けた… カーテンを開放した室内が眩しい ゆっくりと 身体を起こし 声の方向に振り向くと… 浅沼が全裸のままで立っていた 「昨夜は暗かったし… よく見てないだろ? ほら…これが、綾子を狂わせた チンポ
記事の続き...



TOPページ

参照元サイト

  SM官能小説(妄想話)

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
[削除依頼]