美的NAVI~男と女のHな雑学事典~

最終更新日:10月11日
次回更新日:10月21日

新着記事4件

2009/12/15(火) 14:51 オマンコ の語源とは?

さまざまな説があります。江戸時代に船上で売春をしていた女性を「船饅頭」と呼んでいたことからとか、月経時の女性器を「満紅」と呼ぶからとか、入り口ということで「門戸」が訛ったとかいろいろです。ほかには女性器をマンジュウと呼ぶ地方があることから「マンジュウ」の前後に「お」と「こ」が加えられ「オマンコ」「マンコ」と呼ぶようになったのではとの説もあります。>>レズビアングッズの激安通販ページへ
記事の続き...


2009/12/10(木) 09:57 一盗二卑三妾四妓五妻とは?

「一盗二卑三妾四妓五妻」とは簡単にいうと男性のSEX興奮度ランキングかな?『一盗』は人目を忍んで『人妻』とのスリルの中のセックスは心身ともに最高の興奮が味わえる。。。『二卑』は下女、今でいうと『家政婦さん』と奥さんの留守にソファーの上で慌しくえっち…、もし家政婦さんが人妻だったら言うことナシの興奮度なのでしょうか?一番にもなりかねない?!『三妾』が現在では、『愛人』なのですが、長く親しむと奥さんと変わ
記事の続き...


2009/11/21(土) 22:13 クリトリスはどこ?

クリトリスは大陰唇の上部結合部の裏側にあります。クリトリスのある陰核は亀頭部と包皮部で構成されてますが本来大陰唇を手で開くと、それに引っぱられて小陰唇も開き、そこにプツッと豆のようなものが顔を出します、それがクリトリス(陰核亀頭)です。この亀頭の上部は陰核頚部に繋がっており陰核の全体は3センチ以上ありますが、ほとんどは体の中に埋もれていて5ミリ程度が顔を出しているに過ぎません。クリトリス包茎はほと
記事の続き...


2009/11/10(火) 23:26 クリトリスの一般化

今や女性の快感の象徴となっているクリトリス(陰核)ですが、クリトリスが快感の引き金であるという事実を日本人が知り、一般化したのは1975年頃になってからのことだそうです。つまり、クリトリスという概念と機能を知ってから30年しか経っていないとのこと。そうなると現在60歳以上の男女はクリトリスなど全く知らずに、性生活を営んでいたということに。。。となると、彼等の夫婦生活は如何にも貧弱であったかとも思え
記事の続き...



TOPページ

参照元サイト

  美的NAVI~男と女のHな雑学事典~

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
[削除依頼]