エロいアダルト小説

最終更新日:5月9日
次回更新日:5月19日

新着記事15件

2012/04/17(火) 21:15 乱交に入りたくって  第1話 

黒服の男達に連れて行かれた部屋では、たくさんの男女が乱交していた。二本の勃起ちんぽを同時にフェラチオしている女の人やアナルとおまんこにちんぽを咥えこんでよがっている女の人・・・。部屋全体に拡がるいやらしいニオイと水音、動物みたいなあえぎ声。私は乱交してい
記事の続き...


2012/03/27(火) 11:29 アニメコスプレでセフレとエッチ 最終話

Powerプレイ! TENMAコミックスposted with amazlet at 120327大和川 茜新社 20120224Amazoncojp で詳細を見る 「毎晩、想像していました。艦長のおまんこがどんなだろうって。」 両手でそっとおまんこを押し開き、人目にふれることのない秘肉を目の前にさらす。
記事の続き...


2012/03/18(日) 12:25 アニメコスプレでセフレとエッチ 第2話

セクシーチャイナコスチュームセットコスプレコスチュームposted with amazlet at 120318 売り上げランキング: 20308Amazoncojp で詳細を見る 「か、艦長、僕・・・前からずっと艦長のことが・・・。」「ダメ!今はそんなことをいっている場合じゃないわ。」お互いにす
記事の続き...


2012/03/08(木) 10:34 アニメコスプレでセフレとエッチ 第1話

出会い系で出会ったアイとは、アニメコスプレえっちできるセフレという関係だ。同じアニメやマンガが好きだということで、仲良くなった俺たちは、写メを交換し合い、どんなコスプレでどういうプレイをしたいか、メールやスカイプで盛り上がった。アイは陵辱系というか強姦チ
記事の続き...


2011/09/01(木) 09:29 退社前に上司に犯されて 最終話

その後はなにごともなく、無事に婚約者と結婚した私は、退屈な日常の中で、上司に陵辱されたことを思い出すようになった。自分の娘くらいの年齢の部下を陵辱するほど思いつめていた上司の気持ちを思うと、今さらながら体がちょっと熱くなる。あんな突然の陵辱でなく、スマー
記事の続き...


2011/08/18(木) 10:59 退社前に上司に犯されて 第2話

DUGA 女医in…(脅迫スイートルーム 北島玲 上司はせっせと私のおまんこをクンニしている。それだけ濡れてたら、もう前戯なんてやめてほしいと思っているのに、ねちっこくいつまでもクンニしているので疲れてきた。あまりいつまでもこんなことしてたら、誰かにみつかって
記事の続き...


2011/08/16(火) 10:45 退社前に上司に犯されて  第1話

DUGA 非日常的悶絶遊戯 ミニスカを穿く理容師、玲子の場合寿退社が決まった後、引継ぎのために残業していた私は、上司に陵辱されてしまった。 人気のない会社の中で、ムリヤリ床に押し倒されて、強引にキスされる。 尊敬できる人だと思っていただけに、ショックで私の目か
記事の続き...


2010/11/27(土) 19:38 人妻3人との4P体験 最終話

結婚3年目で旦那とのエッチの回数も減ってきたから他で遊んじゃってる俊子さん。そんな奥様も実は現在妊娠6ヶ月!お腹も大きくなってきてるけど、やはり 性欲は抑えられずにハメ師のところに…。ハメ師もおっかなびっくり奥様を責めますが、あまり無い「妊婦とのエッチ」に興
記事の続き...


2010/11/26(金) 15:48 人妻3人との4P体験 第2話

旦那と分かれて久しぶりのセックスに放心状態のシングルマザー松子さんにアナルファックを交渉。何年か振りのセックスに女の喜びを味わった松子さん。あま りの抱き心地の良さに男が「まだ、満足してないんじゃあないの?もっと気持ちよくさせてあげようか?」と巧みな言葉で
記事の続き...


2010/11/23(火) 21:19 人妻3人との4P体験

出会い系で出会った熟れた人妻のアイとは、いわゆるセフレ関係だ。夫が単身赴任中の火照るカラダを慰めてほしいという欲求不満の人妻アイと、若さにまかせてあふれる精液を射精したいという利害が一致した割り切った関係なのだ。ラブホテルから豪勢な自宅に、セックスの舞台
記事の続き...


2010/11/21(日) 09:57 私が寝た最悪な男 最終話

「乳首勃ってんね。AVみて、オナニーしてたとか?」「オナニーなんて、してないし。」「ホントかなあ。」基本、トオルはしつこい。いきなり指でおまんこのワレメをぐいっとなぞられて、ちょっと痛くて顔をしかめたのに、「感じちゃった?」とかいわれてムカついた。 1ポイン
記事の続き...


2010/11/18(木) 10:32 私が寝た最悪な男 第2話 

そりゃー、セックスを愉しんだのはお互い様かもしれないけど、女にはやっぱ、コンドームを使ってても妊娠するかもっていうリスクがあるわけじゃない?その分、男性が金銭的な負担をしてもいいと思うんだけどなあ。とはいうものの、トオルが黙ってれば、めっちゃ好みという事
記事の続き...


2010/11/16(火) 09:03 私が寝た最悪な男 第1話 

ルックスがどんなに好みな男だったとしても、断りなく顔射されれば、ムカつくというもの。しかも、うっかり顔射しちゃったとかいうんでもなく、顔射したことを全く悪いとも思っていなかったら、ちんぽをぎゅうっと握ってやりたくなる。まあ、大人だから、そこまではしないけ
記事の続き...


2010/11/11(木) 15:13 オナニーを見せあいっこしようよ 第3話

「次はアイちゃんの番ね。」 ベットの横の壁にもたれかかるようにして、足を大きくM字に開いたアイは、俺のオナニーをみて濡れたおまんこを指でいじりはじめた。 指が動く度に、ちゅくちゅくといやらしい音がして、ぷっくりとしたクリトリスや小陰唇が愛液でつやつやと光って
記事の続き...


2010/11/10(水) 10:37 オナニーを見せあいっこしようよ 第2話

「それにさあ、女だってオナニーしないと、自分のカラダ開発できないじゃん。オナニーしてる方がセックスでも感度よくなれるんだってよ。」あー、それで前の彼女はイマイチ具合がよくなかったんかなー。「女はオナニーなんてしない!」とかいってたし。「ねえねえ!私がオナ
記事の続き...



TOPページ

参照元サイト

  エロいアダルト小説

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
[削除依頼]